スポンサーサイト

  • 2016.01.20 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    満月の力

    • 2014.12.05 Friday
    • 23:57
    人と人の出逢いは不思議なもの
    小さなかけらのように始まった思いが
    心の片隅で輝き続けることで
    何年か先の更なる輝きの源になることがあります

     
    人生っていい
    無条件に思えたときに
    小さな輝きも見過ごさない自分になれました

    機内で、空港で、ビジネスシーンで…たくさんの方と出逢い
    世界のTOP VIPとも接してきた経験を糧に綴ります
    訪れて下さってありがとうございます

    【今夜は満月】

    私は物心ついたころから
    妙に気持がそわそわし
    とても強い気持ちでいられる日がありました。
    ...
    何が起こっても大丈夫。
    まさに根拠のない自信とは
    そんな気持ちのことなのでしょうね。

    その日もそんな一日の始まりでした。

    沖縄往復のフライト
    しかも帰りは深夜になる
    最終便です。
    万が一、10分でも遅れたら
    お客様の帰りの公共交通機関が無くなる
    そんな時間のフライトだったのです。


    とあるご夫妻が搭乗なさるという
    事前情報が入りました。
    奥様が「閉所恐怖症」

    行きのフライトで発症し、
    帰りの予定を繰り上げて、
    やむをえなく飛行機で…とのこと。
    ややパニック症候群の持病もおありで
    とてもとても不安そうにお乗りになりました。

    そしていよいよ飛行機のドアがしまり
    出発…というときに、
    担当の客室乗務員からの連絡。

    やはり相当不安そうで
    精神的に不安定になっていらっしゃる。

    でもご主人様がどうしても
    このフライトで帰らなければ…
    とおっしゃっていて
    大変な決断が必要でした。

    もし、このままご搭乗なさり
    上空で何かあったら…
    そう思うと、お客様には申し訳ないのですが
    そこで降りていただくほうが懸命です。

    機長も地上係員も
    もちろんチーフパーサーだった私も
    同じ思いでした。

    しかし、
    奥様はご主人の「一緒に帰ろう」という言葉に
    頷かれたのです。

    そして…やはり、上空で
    容態が悪化…
    担当の客室乗務員は顔色が悪いことから
    酸素吸入の用意をしていました。
    機長に使用の許可を得て
    お医者様の呼び出しと酸素吸入の可能性を
    アナウンスでご案内しました。

    お客様は皆様お休みの方も多く
    なかなかお申し出がありません。

    責任者業務をいったん委譲して
    お客様の座席に行ってみることにしました。

    呼吸が苦しげで
    浅い呼吸。
    顔色も悪く、冷や汗でびっしょり。
    旦那様が一生懸命声をかけたり
    手をさすったりなさっていますが
    だんだん悪化しているように感じました。

    呼吸が浅く苦しげな時に
    私たちは二つのことを思い浮かべます。

    酸素マスクでの酸素吸入
    過呼吸による過酸素状態

    私は直感的に過呼吸ではないかと
    感じました。
    担当の乗務員も同じ意見でした。

    飛行機の座席ポケットにある
    袋を広げ、奥様の口にあてお伝えしました。

    「ゆっくり大きく袋の中に
    いっ〜っぱい息を吹き込んでみて下さい。
    今日は満月ですよ。
    満月を思い浮かべてみてください。
    心が豊かに満たされるように
    大きく、ゆっくり呼吸をしてみて下さい」

    うっすらと、目を開けて
    窓の外を眺めながら
    袋を口にあて、
    弱弱しくも、少しずつ
    ふか〜く息を吐き出されました。

    旦那様の手をしっかりと握りしめ
    ハッハッっと浅かった呼吸が
    少しずつ穏やかに変わって行きました。
    ご主人はとても冷静で
    温かく見守るような表情が
    とても印象的でした。



    幸い、その後お医者が名乗り出て下さり
    容態を確認してくださって
    大事に至らず
    飛行機もなんとかぎりぎり…
    5分ほどの遅延ではありましたが
    無事に到着したのでした。

    私のそわそわの理由…
    大人になってから
    「満月生まれ」だったことがわかりました。
    この世に生を受けた日の
    可能性のみなぎる波動を感じるのかもしれません。

    あのご夫婦は今ごろどうしていらっしゃるでしょうか。
    皆様も、素敵な夜をお迎え下さい。

     *画像をお借りしています*

    *FBページ アカネアイデンティティズ

    https://www.facebook.com/AkaneIdentity?ref=hl

    *プロフェッショナルの為のアイデンティティブラッシュアップ
      本質を見極めプロフェッショナルとしてのクオリティにこだわる方へ
      特別な1DAY講座

    http://kokucheese.com/event/index/212356/
    #満月 #おてなし #ことば
    JUGEMテーマ:日々のくらし

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM